スーパーヒーロー

『ヴェノム』カワイイ、ゼッタイ。スパイダーマンでまた会おうね(ネタバレ解説感想)

原作コミックではスパイダーマンから派生して生まれたアメコミ界屈指の超強力キャラクター「ヴェノム」が単体映画になって登場。マーベルが放つ最凶で最強のヒーロー誕生譚を、結末・ラストのオチまで感想を交えて解説します。

ヴェノム IMAX3D(字幕)

原題:Venom / 上映時間:112分 2018年(アメリカ)PG12

作品情報

スパイダーマンの宿敵として知られるマーベルコミックの人気キャラクター「ヴェノム」を、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ダンケルク」のトム・ハーディ主演で映画化。サム・ライミ監督作「スパイダーマン3」にも敵として登場したヴェノムを、「ゾンビランド」「L.A. ギャング ストーリー」のルーベン・フライシャー監督のメガホンで、新たなダークヒーローとして描く。(引用:映画.comより)

監督 ルーベン・フライシャー
脚本 ジェフ・ピンクナー、スコット・ローゼンバーグ、ケリー・マーセル
製作 アビ・アラド、マット・トルマック、エイミー・パスカル
製作総指揮 デビッド・ハウスホルター、スタン・リー、トム・ハーディ、エドワード・チェン、ハワード・チェン
撮影 マシュー・リバティーク
美術 オリバー・スコール
衣装 ケリ・ジョーンズ
編集 メリアン・ブランドン、アラン・ボームガーテン
音楽 ルドウィグ・ゴランソン
キャスト トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ、リード・スコット、ジェニー・スレイト、メローラ・ウォルターズ、エミリオ・リベラ

あらすじ(ストーリー)

《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。 エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!(引用:Filmarksより)

映画『ヴェノム』予告

満足度 (4.0)

ヴェノム、カワイイ、ゼッタイ。

公開初日にユナイテッド・シネマとしまえんでIMAX3D字幕版を鑑賞。夜遅めの回だったんですが、初日ということもあってかなり賑わってましたね。

ちなみにIMAXの特典ポスターとパンフレットはこちら↓

それでは「俺たちはヴェノムだ!」行ってみよう。

ネタバレなし感想:ヴェノム・カワイイ・ゼッタイ。

まずはネタバレなし感想から。

ヴェノム・カワイイ・ゼッタイ。

以上です。

いやホントに。前述したように、今回のヴェノムはジャーナリストのエディ・ブロックと地球外生命体シンビオート(ヴェノム)が一体化したヒーロー。この二人?がそもそもカワイイし、そこがイチャイチャ?しながら暴れるんですからカワイイとしか言いようがないです。

おそらく原作ファンからしたら、サム・ライミ版『スパイダーマン3でのヴェノムは、その他ヴィランの一人という扱いで、納得いかない部分もあるでしょう。

今回のヴェノムはどうでしょうか?

スパイダーマンから派生したストーリー部分を外したことで納得しない人もいるのかな?私としては、結果よかった部分も多いと思っています。

では、よかった点とそうでない点を。

よかった点

カワイイとかそういうことじゃなく(笑)よかった点は、スパイダーマンと切り離したことで、主人公エディ・ブロックを単純化できたこと。それによってヴェノムを単体ヒーローとして扱いやすくしたこと

これは原作だとスパイダーマンに恨みを持ってはいるが、基本的に正義の心があるという部分とか、スパイダーマンとの共闘を経てのヴィランからヴィジランテへの流れとかはあるんでしょうが、いまいちエディってどういう人?というはっきりしない感じがあるんです。でもそんな細かな部分を思いきって省いてしまった結果、

単純に新ヒーロー誕生!のお話にすることができた。ということですよね?

そして最大のポイントは誰がなんと言おうと、

ヴェノム(含めた登場人物みんな)のキャラ立ちがすごい!ということ。

(C)&TM 2018 MARVEL

このヴェノム、今後MCU、特にエンドロールで「〇〇〇〇〇」が出てきたことによってスパイダーマンへの合流が期待大なわけですけど、そうなったら…高確率でスパイダーマン喰っちゃうのでは?いやそれはないとしても、スパイダーマンという強力なアイコンと同じ舞台に立つにはこのくらいのキャラ立ちが必要ですよね、実際。

単体で映画化されたことで、もともと原作で立っていたヴェノムというキャラに、エディの人物像もちゃんと補完され、ネクストステージに立っちゃった感、半端ないです。

(C)&TM 2018 MARVEL

ついでに個人的にはヴェノムの質感、動きと音も何か気持ちよかったです。

物足りない点

時間が足りない。

以上です。

このエピソードのみでは時間が短すぎて、可愛さが伝わりきらないかもしれません。いやね、ホントはヴェノムとライオットの上下関係?(本作ではヴェノムに負け犬感はない)などを描く時間とか、エディの挫折したどん底の生活(本作ではそんなにどん底に見えない)を描く時間とかあれば、なぜかお互い惹かれあうということに納得できただろうし、「俺たちはヴェノム」になったときの「キターーーーーー!!!」という高揚感ももっと強くなったろうな~、なんてね。

ただ前置きが長すぎてもね、見てるほうも辛いから今回はこれでOKだと思います。ストーリーはそこそこで、キャラ立ち重視で今回は問題ないんじゃないかな。

短い時間の中ではストーリーの根本にある部分、落ちこぼれ同志・負け犬同志のタッグ結成、そして自分より強い敵に立ち向かっていくということの説得力は欠けてしまっているけど、ドラマシリーズにおける登場人物紹介のための初回拡大版だと思えば…。温かい目でね。とにかくこの二人、今後応援したくなることは間違いなしです。

日本のマンガでも、こんなバディの物語ありますよね。それは最後に書こうかな。

この二人のお話、できれば街のゴミどもを退治する連続ドラマを作ってほしいところですが、日常のドタバタ生活ショートムービーだけでもネットで配信してほしいと心から思っています。

また早く彼らに会いたい!そんな感じです。

ちなみに吹替版、いつもは観たり観なかったりと気分しだいなんですが、今回、ヒロインのアン役声優で参加されている、しょこたんこと中川翔子さん渾身のコスプレ…いや、ボディアートメイク↓を見まして、

https://twitter.com/shoko55mmts/status/1057909454748844032

ショコタン、ミル、ゼッタイ。という気持ちになりまして。

8時間以上!?のメイク中、ポテトとか細いものだけを食すという、およそヴェノムらしからぬ食事をされていたらしい。なぜ中川翔子さんがヴェノムになっていたかというと、ちゃんと理由がありまして…それはまた後ほどに。

そんな気合の入った中川翔子さんの雄姿(声)も吹替版で観ようと思っていたところ、ここではやっていなかったので、吹替版の感想はまた観てから追記します。

本編の前準備:ヴェノム(シンビオート)って何?

まずは今回の『ヴェノム』、今後MCUマーベル・シネマティック・ユニバース)に合流できるかどうかはわかりませんが、今回はクロスオーバーはなく、これだけ単体で観て問題ない作品になっているので、そこの心配は要りませんのでご安心を。

さて、そうは言ってもやっぱり「ヴェノムって何?」という方々が少なからずいると思いますので、まずはそこからいってみましょうか。

ちなみに私はマーベルコミックス系ではサム・ライミ版のスパイダーマンや、アメージング・スパイダーマン、アイアンマンから始まるMCU作品はすべて劇場で観ているものの、コミックのほうは数冊持ってる程度のアメコミ情報弱者です。そんな私がヴェノムを超簡単に調べてみました。(超詳細に知りたい方は、その筋のところへお願いいたします)

ヴェノムの登場の歴史

ヴェノムが登場するまでの歴史として、スパイダーマン(ピーター・パーカー)が異世界で黒いコスチューム(エイリアン・コスチューム、のちにヴェノムになる)を手に入れるところから始まる一連のエピソードがあるんですが、今回の『ヴェノム』には関係なさそうなので、割愛して簡単に紹介します。

  • 1988年に初登場

ちょうど30年前の1988年『アメイジング・スパイダーマン』の300号に初登場。とある理由でスパイダーマンを逆恨みしている記者エディ・ブロックに、宇宙から来た生命体「シンビオート」が寄生(共生)し一体化、「ヴェノム」となりスーパーヴィランとしてスパイダーマンと対峙する。ちなみに一人称はWe(俺たち)。好きなものはチョコレート※ヴェノムが人間の脳を食べるのは、神経伝達物質フェネルチルアミンを摂取するため。この成分はカカオにも含まれているのでチョコレートで代用できる。

  • ヴィランからヴィジランテへ

ヴィランとして登場するが、のちに共通の敵に対してスパイダーマンと共闘するなど、人を守るためには容赦をしないヴィジランテのような存在になっていき、その憎めない言動から、マーベル屈指の人気キャラクターとして愛され、今に至るまで数多くのコミックが出版されている。

ヴェノムのコミックス画像はこちら

  • 本作のストーリー原作(参考とされた原作)

本作のストーリーに参考とされた原作は2作。

ヴェノム:リーサル・プロテクター(1993年)

「プラネット・オブ・ザ・シンビオーツ」(1995年、日本未発売)

シンビオート(ネタバレ注意※本作のヴィランについて記載があります)

(C)&TM 2018 MARVEL

地球外の生命体(種族)の呼称。地球の生物に寄生し一体化、宿主の力の40倍を引き出すことができる(らしい)。一体化した宿主の思想や感情を増幅させ、宿主によって悪にも善にも成り得る。エディ・ブロックと一体化した個体が「ヴェノム」。他の個体はそれぞれ名称が異なる。本作『ヴェノム』では敵のヴィランとなる「ライオット」が登場。共通の弱点は「特定の周波数の音」と「炎などの高熱」※ヴェノム誕生譚か?という噂のあったホラー映画「ライフ」の生命体を思い出しました(備忘)

本作登場のシンビオートと宿主
  • ヴェノム=エディ・ブロック(トム・ハーディ)
(C)&TM 2018 MARVEL

テレビ番組でジャーナリストとして活躍する正義感の強い報道記者にシンビオートが一体化した個体。ライフ財団が宇宙探査船から回収したシンビオートを使って行っている「死の人体実験」について潜入調査中のエディに寄生する。

※ちなみにトム・ハーディといえばもちろん、みんな大好き『マッドマックス怒りのデスロード』のマックス。こちらは☆5つ。黙って見るべき!『ダンケルク』のパイロットも渋さは100点。

  • ライオット=カールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)
(C)&TM 2018 MARVEL

地球の環境破壊のために人類は滅びると信じているライフ財団CEOカールトン・ドレイクに寄生した個体。宇宙船を墜落させる原因を作った(みたい)。墜落後は寄生を繰り返しながら逃亡、行く先々で殺戮を行い、最終的にカールトン・ドレイクに同化する。

※ちなみにリズ・アーメッドといえば『ナイトクローラー』では主人公の助手となる貧乏な若者、『ローグ・ワン/スターウォーズ ストーリー』では主人公と共に戦うパイロット。ドラマ『ナイト・オブ・キリング』では鬼気迫る演技で殺人容疑者の主人公を演じ、本作では危険な思想を持つ大企業のCEOというふり幅。近年ではカメレオン俳優NO.1と言っていいんじゃないかな。

シンビオートはコミックでは15以上!の個体が登場しているようで、とても調べきれませんので、本作登場の個体のみの紹介でした。

次作以降で「〇〇〇〇〇」の登場を示唆するシーンがありますね。それはまた後で。長くなってしまいましたので以下、簡単にストーリーを追っていきますね。

序盤:主人公とライフ財団+シンビオート発見(ネタバレ感想)

  • ライフ財団とCEOカールトン・ドレイク
(C)&TM 2018 MARVEL

冒頭、ライフ財団が打ち上げていた宇宙探査船が、地球外生命体シンビオートを複数捕獲して地球に帰還してくる際、おそらく逃げ出した一体のシンビオートにより傷つけられた宇宙船はマレーシアに墜落大破。その一体がさっそく人間に寄生して逃げ出す。

最先端企業ライフ財団のCEOカールトン・ドレイクは、人類生存のためにはどんな手段も択ばないという思想で、人類の未来のために居住可能な惑星を探すため宇宙探査を行っていおり、その過程で捕獲したシンビオートを使って人間の進化のため、死の人体実験を繰り返す

この悪のCEOっていう設定、近年多い気しますね。善のCEOも多いけど。多分世の中のCEOのイメージ、いいイメージ、悪いイメージ両方あるからなんですかね。一瞬「またCEOか」と気になったけど、こいつはサノスの思想にちょっと近いな、とかCEOでもなきゃこんな事業できないもんな、とかマッドサイエンティストの時代は終わってマッドCEOの時代なんだな~とか思いながら見てました

  • エディ・ブロックと恋人のアン・ウェイング
(C)&TM 2018 MARVEL

正義感の強いジャーナリスト、エディ・ブロックはライフ財団の取材をしていたが、恋人のアン・ウェイングライフ財団の弁護士を務めていて…彼女のパソコンを盗み見て死者が出ている情報をつかむんですが、それをネタにCEOに直撃取材をしたところ、圧力がかかって自分も恋人のアンも職を失い、二人は別れるという結果に。

まずね、恋人のパソコン盗み見ちゃダメ、ゼッタイ。

そりゃ別れることになるよ、当然。自業自得、直撃取材もやめてねって言われてたじゃない。

ただ、報道番組の現地リポートってあるじゃないですか?それをダイジェストでテンポ良く流して、エディが政治や企業の不正を暴くような報道ジャーナリストだということを見せていましたので、ジャーナリスト魂ってことで許してあげようか、みんな。なんかエディ、憎めないし。

ちなみにアン・ウェイング役はミシェル・ウィリアムズ。故ヒース・レジャーの元奥様で、映画「ブロークバック・マウンテン」や「ブルーバレンタイン」など、アカデミー賞受賞経験もある演技派として知られていますね。今回のヴェノム、搭乗人物少ないけども演技派が多い印象。

(C)&TM 2018 MARVEL

さあ、半年後。そんなすべてを失ったエディに、ライフ財団の女性研究員ドーラが接触してきまして、ホームレスを使った死の人体実験を報道してほしいと頼まれ、迷ったものの思いなおしてドーラの手引きで研究所へ潜入、シンビオートに寄生された、知り合いのホームレスの被験者と接触し自らが寄生されてしまう。

中盤~終盤:(ネタバレ感想)

ここからエディとヴェノムの融合が進んでいくわけですが、未練たっぷりに元カノのアンのところに行ったら、新しい恋人ダン(医者)と遭遇したり、体調がおかしいと言ったらダン(医者)が検査してくれたりダンはめっちゃいい人※「アントマン」にも元嫁のお相手でこういういい人出てきましたね。(備忘)

左がめっちゃいいヤツ、ダンさん↓もともとジャーナリストとして有名だったエディのファンだった説あるね。とにかく優しすぎる男ダンさん。

(C)&TM 2018 MARVEL

そんなこんなしているうちに女性科学者ドーラがCEOカールトン・ドレイクに問い詰められエディにシンビオートが寄生したことを吐かされたうえに、人体実験の犠牲となってしまいまして。シンビオート回収のため、エディはライフ財団から狙われることになります。

中盤の見せ場の一つ、アパートでの敵との攻防後、バイクで逃走しカーチェイスへ。ここは一見敵から逃げるだけで話が止まりそうな場面ですが、ヴェノムとのやり取りがだんだんかみ合ってくいくいいパートだと思いますね。だからここが長いシーンになってるんだと思うよ。

最初は捕獲銃を向けられ、死にたくないので素直に手を上げるエディに、「カッコ悪いだろ」といって強引に手を下げさせるヴェノム(見た目はまだエディのまま、頭の中で声が聞こえている感じ)。また手を上げる、下げさせるの繰り返し。ここ、完全に二人羽織り(笑)。戸惑うエディ、触手的に伸ばした部分でヴェノムが敵を撃退し、バイクへ。

このカーチェイスシーン。アクション映画といえば「とりあえずビール」的な、「とりあえずカーチェイス」ですけど、最近は「ジョン・ウィック」とかのリアルよりなものから、「ブラックパンサー」のようなあり得ないけど最高に楽しいものまで実に工夫されてますよね。今回もよかったです。

エディの乗っているバイクはドゥカティ・スクランブラー。映像はこちら↓

映像にあるように戸惑いながらもバイクで逃げるエディに、少しずつヴェノムがアシストをしていくんですよ。角を猛スピードで曲がるときは街灯の柱に伸ばしたものを絡めて支点にしたり、車で挟まれそうなときは押し広げたり、大ジャンプをしたときには空中でバイクから離れた体を、バイクに引き戻したり。この一連の流れで、戸惑っていたエディも最後はちょっとワクワク感というか、

「なんかこれスゲーんだけど!」という感じ出てましたよね。観てるこちらも同じ感覚で楽しめました。

「もっと早くヴェノムを出せ!」という声もあるかもしれませんが、このプロセスがね、1作目には必要なのでは?と思います。次回はいきなり出せるんでね。がまんがまん。ヴェノムはエディを「同じ負け犬だ」と言って気に入り、「受け入れれば強い力が手に入る」と取引を持ちかけエディは受け入れる。

一方で、宇宙船墜落時に逃げ出したシンビオートが寄生を繰り返してカールトン・ドレイクのもとへたどり着き、融合。シンビオート最強の個体である「ライオット」が誕生することに。

ここからはとにかく楽しみましょう。元カノのアン(とその恋人いい人代表のダン)の協力もあり、ヴェノムになっての大暴れあり、ヴェノムと離れてエディが捕まったら、犬(パピヨンだったと思う)に寄生アンに寄生(シーヴェノム!)して(ここがしょこたんのコスプレした理由なだね)、エディのもとへ帰る可愛いヴェノムあり。

ライオットの目的は宇宙から同種のシンビオートを連れてきて、寄生先でもあり餌でもある人間が豊富な地球を支配すること。

最終的にはヴェノムを取り込んで、ライフ財団に設置されているロケットで宇宙に行こうとするライオットを、アンがスピーカー周波数攻撃、ライオットが搭乗し発射しようとしているロケットを、ヴェノムが攻撃し爆発させライオット=ドレイクを倒し、爆発からエディを守るため、炎に巻き込まれたヴェノムは果たして無事なのか?

(C)&TM 2018 MARVEL

場面変わって日常生活に戻ったエディ。頭の中で聴こえてくるヴェノムの声。

そりゃ無事でしょうね(笑)よかった。

しかし短いんですよね、クライマックス。ライオットはヴェノム曰く「めちゃくちゃ強くてかなわない」個体だということだったんですが、そこまでの最強感がなかったかな~と。割とあっさりと倒した感じあります。でも1作目からバトルがインフレし過ぎちゃうのも良くないから、今回はこれで丁度いいのかも。それからライオットとの戦いが夜なのと、どちらも黒っぽいし、動きが俊敏なので私の動体視力では追いつけない部分があったかな。これは席がちょっと前だったのと3Dで観たせいもありますね。でもぜんぜん許容範囲だよ。

最後は元カノといい感じに戻る雰囲気をだして(いい人ダンは?ちょっとどうすんのさ。誰も言わないと思うので全力でダンを推していくぞ)、スタン・リー御大(カワイイ、ゼッタイ。)と道端で絡んで、いつもアジア人店舗に来ている強盗を退治する際、

「俺たちは、ヴェノムだ」

のセリフを決めてエンディング。はいスッキリー。

(C)&TM 2018 MARVEL

そして…お約束のエンドロールで超大事なシーンが。

エディが刑務所に収監されている囚人に呼ばれて取材に行くと、待っていたのは連続殺人鬼「クレタス・キャサディ」

原作ではシンビオートに寄生されて「カーネイジ」になるキャラクターです。

カーネイジが誰?という人はコミックのビジュアルだけご確認を→コチラ

演じていたのはウディ・ハレルソン。いや~怪演。サイコ感半端ないです。さすがっす。この話はスパイダーマンがらみになるってことですかね?ちょっとアメコミに詳しい方に教えてもらいたいところです。いや~ワクワクしますねこれは。そうなったらヴェノムスパイダーマンカーネイジも、カワイイがいっぱいになっちゃいますね。

最後の最後、エミネムの曲がかかるなか、映画「スパイダーマン スパイダーバース」の映像が流れていましたね。

正直なところ、前述のようにエディ(トム・ハーディ)とピーター・パーカー(トム・ホランド)とヴェノムのイチャつきを妄想しているところだったので、スパイダーバースはどうでもよかったです。アニメーション可愛かったけどね。観るけどね。

まとめ

さて、細かいことも書きましたけど、結論、ヴェノム登場!の1作目としてはいい着地(離陸か?)ができたんじゃないでしょうか。諸般の事情によって40分以上カットしたらしいので、ソフト化の際は完全版が出るかもしれませんね。それによって補完される部分があるかもしれません。

もう一度言っておきましょう。

また早く彼らに会いたい!

スパイダーマンで会おうね!

では最後におまけの話。寄生(共生)もの、バディものとして、おそらく皆さんも思い浮かぶであろうマンガは「寄生獣新一&ミギーですよね。私は断然こっちの神マンガです。

  • 「うしおととら」作:藤田 和日郎先生
「うしおととら」より

性格がね、とらヴェノム、そっくりでしょ。カワイイところもそっくりです。油断すると人間を食おうとするところとかも。とらは寄生ではないけどうしおに憑りついて、隙あらばうしおを食べようとしている妖怪です。でも結局食べないで共に人のために敵と戦う最高のバディになっていくという。個人的には神マンガなのでご興味あれば未読の方は読んでみてください。

ではまた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です