ホラー

『クワイエット・プレイス』音を立てたら即死。ポップコーンも食べられない(ネタバレ解説感想)

音を立てたら即死のクワイエット・プレイス。家族を襲う「何か」の正体とは?劇場も静まり返ってポップコーンも食べられないこの映画について、序盤から結末、ラストのオチまでを感想を交えながら解説していきます。

クワイエット・プレイス(字幕)

原題:A Quiet Place / 上映時間:90分 2018年(アメリカ)

作品情報

「ボーダーライン」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけ、全米でスマッシュヒットを記録したサスペンスホラー。ブラントが主人公となる一家の母親エヴリンに扮し、エヴリンを支える夫のリーをクラシンスキーが自ら演じ、夫婦共演も果たした。聴覚障害を持つ娘役は、自身も同じ障害を持つ「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズ。(引用:映画.comより)

監督 ジョン・クラシンスキー
脚本 ブライアン・ウッズ、スコット・ベック、ジョン・クラシンスキー
製作総指揮 ジョン・クラシンスキー
製作 マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッドリー・フラー
撮影 シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
美術 ジェフリー・ビークロフト
編集 クリストファー・テレフセン
音楽 マルコ・ベルトラミ
キャスト エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ、ケイド・ウッドワード

あらすじ(ストーリー)

音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り、生き延びる一組の家族がいた。「決して、音を立ててはいけない」その“何か”は、呼吸の音も逃さない。その“何か”に一瞬でも聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らだが、なんと母親は出産を目前に控えているのであった。果たして彼らは、最後まで沈黙を守れるのか―――?(引用:Filmarksより)

映画『クワイエット・プレイス』予告

満足度 (4.0)

劇場ではマジで「音を立てられない」超体感型ムービー。面白かったです。

仕事帰りにTOHOシネマズ 渋谷で鑑賞。夕方ということもあってか女性の客のほうが多く、始まる前のロビーや劇場内でも「どうしよう、怖いかな~」などの声がいい感じに聞こえてきまして、東京国際映画祭(2018)のお知らせの後、『来る』『スマホを落としただけなのに』『ヘレディタリー 継承』というホラーっぽい映画予告がいい感じに流れ、さらに暖まったところに『ヴェノム』(絶対観る!)の予告で準備完了。さあ行ってみよう。

ネタバレなし感想:コピーと劇場鑑賞の相性が最高

まず最初にネタバレなしの感想を、簡単に。まずは「音を立てたら、即死。」のキャッチコピーと、映画館での鑑賞の相性が最高。音を立てたら即死系の映画に『ドント・ブリーズ』なんかがありますが、即死度は本作のほうが高め。

音楽や効果音はそこそこ流れるものの、会話は手話中心でたまに小声で話す程度。音のないシーンでは当然のようにこちらも音を立てられない空気が…。ポップコーンなんてね、当然食べられないですよ。それどころか自分の呼吸音さえ気になってしまうというレベル。

見てるこっちも音を立てないようにすっかり調教された中盤、映画の中で何かブーン…という音が鳴りはじめまして、何だろうと思って見ていたら、実は劇中の音ではなく映画館の空調音だと気づくのにしばらくかかるという(笑)。そんな感じです。

このお話いちおうジャンルはホラーなんですけど、音を立ててはいけないのに母親は出産を控えている!?というマジで無理ゲーな…いや、タイムリミットサスペンスでもあるし、ドラマな部分もあって、いわゆるホラーな感じはそれほど無いのかなと。

だからホラーが苦手という人も見れるんじゃないかなぁ。ゴア描写も無いしね。

あとホラーに多い手持ちでブレブレのカメラが苦手な人(私もその一人)も、安心してください。カメラワーク、ブレません。(個人的には高ポイント)

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

この映画の勝因がなにかと言えば、キャチコピーと劇場の相性がいいのと同じく、音とストーリーの相性も抜群!ということです。

序盤・中盤の静寂の中では家族それぞれが抱えている思いを繊細に描き、終盤の展開では感情の高まりに重なりあって・・・。音と、ストーリーや登場人物の感情が完全にリンクしてるわけですよ。

そしてこれですよ…上映時間90分!はい、拍手。(パチパチパチ)

これは間違いなく家族一人ひとりの成長のお話です。でもダラダラと長くなることもなく、歯切れのよい、れっきとしたジャンル映画でもあるという。

もうすごいです、ジョン・クラシンスキー監督(脚本・出演)。あまり知らなくてごめんなさい。劇中でもリアルでも奥さまのエミリー・ブラントはめちゃくちゃ知ってます。お許しを。

ネタバレうんぬんという映画ではないですが、ネタバレ嫌な人はもう観ましょう。おすすめです。

序盤の見どころ(ネタバレ解説+感想)

先に地球に何が起きているかというと、どうやら多数落下してきた隕石とともに「何か」(まあ怪物です※)がたまたまいまして。目が見えないかわりに耳がいいということで、音を立てると秒で襲われてしまう世界になっているよう。この世界観に乗れたらアナタの勝ち。ツッコミどころはさておき、どうせ観るなら乗らなきゃ損ということで、ドップリ浸かってしまいましょう。※「何か」の画像はコチラですが最後のほうにもリンク置いときますのでお好みで。

冒頭「何か」(怪物ね)がやってきて89日目(らしい)、すっかり荒廃した地で5人家族がサバイバル生活を送っていると、末っ子が目を離した隙に音の出るおもちゃのロケットで遊んでしまったため…即死。そして家族一人ひとりが後悔やトラウマを抱えることに。表面上、簡単に書きますと、

  • 姉・・・弟におもちゃを渡してしまった罪悪感(電池は抜いたんだけどね…)
  • 弟・・・目の前で弟の死を見たことで生まれた恐怖心(そりゃ怖いって)
  • 母・・・子供から目を離してしまっていた後悔(手が空いていただけにね…)
  • 父・・・助けることができなかった後悔(これは仕方ないのでは…)

ざっくりこんな感じです。

このシーン、普通に起こる事故に置き換えられますよね。例えば交通事故とか水の事故とか。そのメタファーにもなっているのかな。

少し時は経ち「何か」(怪物です)がやってきて472日目、4人になった家族はサバイバル生活を継続。姉は耳が不自由なこともあり、家族は手話で会話。父親は理系なのか、娘の補聴器を自作していたり、サバイバル技術もある様子。静寂の中、何とか苦難を乗り越えようとする夫婦が、外に聴こえないようイヤホンをして踊るシーン。よかったです。(うっとり)

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

他も上げとくと、父と息子のサバイバル訓練?中、滝や川の近くでは音がまぎれて怪物に聴こえないからと、父が吠えるような声を出すんですが、息子は怖がるんですね。でも父は「いいからやってみろ」と、男の子も恐る恐る声を上げるところ。引きで撮って滝の音のほうを強調するシーン、なんかよかったです。ちょっとタッチの高架下で泣くシーン思い出しました。(備忘)この辺りに住めば?とか野暮なこと言っちゃダメ(笑)

中盤~終盤:出産+それぞれの闘い(ネタバレ解説+感想)

この序盤から中盤の静寂の中で、何が興味を持続させるかというと、母親のおなかが大きくなっている…そう、出産の時が近づいてくるんですよ。声出ますよね、そして赤ちゃん泣きますよね当然。いや絶対無理ゲーだろ。これ、いったいどうするんだ?と。

サイレント出産など自然分娩では無理なわけですけど、母は生まれてくる子を今度こそ守る!ということで破水しても、裸足で釘踏んだり(痛い)しても、産む瞬間までは声を上げないという…母は強いよ。

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

エミリー・ブラントの演技が見事。

それぞれの(何か)との闘い

母は強し。新しい命を守り抜くことで過去を乗り越えていくんですが、他はどうかというと、まず弟から。

  • 弟・・・恐怖心との闘い
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

以前は音を立てることを怖がって何もできなかった弟。父とのサバイバル訓練を経て、家族を守る役目に目覚めていくわけです。母親の出産合図を受けて、勇気をふり絞って外に仕掛けてあった花火を打ち上げてアシスト。同時に母親「あぁー!」といきんで即出産。いや~頑張った、成長したね本当に。ナイスアシスト。でも怪物追われて逃げ、外ではぐれてしまう。

  • 姉・・・父への想い、自責の念との闘い
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

姉には2つの思いがあって、自分がおもちゃを渡したせいで下の弟が死んでしまったことの強烈な罪悪感。それともう1つ、父が自分を責めているんだと思い込んでるんです。実際そんなことはないんですけど…そりゃそう思っちゃいますよね。父も弟にばかりサバイバル技術を教えるものだから余計にね。

でもはぐれた弟を探して今度こそ弟は私が助ける!と弟のピンチに文字通り飛び込んでいき、1つ乗り越えていきます。でもまだ父のことは残ってまして「絶対助けに来る!」と言う弟に「父は助けに来ない」と。そのころ父は子ども達を探して…これはのちほど。

  • 父・・・子供を救えなかった自分に何ができるか?家族を守る闘い
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

父は末っ子が襲われたとき、何もできなかったんです。本当にこれは仕方ないよね…。でも思うところがあったんですね…もう泣いてますよ、私は。子供たちにサバイバル技術を教え、出産に備えていろいろと仕掛けを準備して。

父の愛情を信頼できない娘が襲われそうになった時、ついに父の渾身の叫びが出るわけです。

手話で「愛してるよ」と伝えた直後…

「ぬおぉぉー!!!」

セリフではなく魂の叫び。死を覚悟した父の、お前たちは生きろ!新しい家族を守れ!という希望の叫び

もう泣くしかない。父も強し。

最初に子供を失ったときにはできなかったこと。怪物を自分に引き付けて子どもを救って即死ですよ。(涙)

振り返れば、父は「いつか自分が犠牲になる時がくる、今度こそ助ける!そのためには息子の成長を見届けてからでないと」なんて思ってたのかと思うと…涙。

同じく怪物を引き付ける叫びと言えば、「ミスト」のアイツとか思い出しますけど、あんなのとは次元が違う叫びですよ(誉めてます。ネタバレしてないよね?)

ちなみに中盤で奥さんを殺されたどこぞの爺さんが、同じように「ぬぉー!」絶望の叫びを上げて即死するんですが、この希望の叫びはそれとの対比になってましたね。

新しい命を守る戦い

簡単に最終盤の展開を書くと、父は子供たちを守り即死するんですが、外に設置されてる固定カメラで一部始終を見ていた母と、父の愛情をしっかり受けとった姉弟はがぜんやる気に。姉弟は母のもとへ戻り、弟は赤ちゃんを守り、姉は母とともに敵と戦うと。

謎の生命体は耳がよすぎるがうえに父の開発した補聴器の高周波が逆に弱点で、

弟・赤ちゃん守る。

姉・補聴器高周波マイク増幅攻撃!

母・苦しんでる怪物をショットガンでぶっ倒す!!

パパが即死した直後なんで、こっちも感情移入しまくりでめちゃくちゃアガってるなか、倒し方がわかった家族3人(赤ちゃん入れて4人)は、固定カメラに映る、どんどん集まってくる敵を見て、

「どっからでもかかってきな!」

という、おそらく観客みんなを同じ感情にさせたところでスパッとエンディング。

はいスッキリ。

まとめ:それぞれが「何か」を克服し、乗り越えていくお話(ネタバレ解説+感想)

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

いや、気になるところもあるにはあるんですよ。この辺がノイズになってしまった人の気持ちはお察しします。

なんで裸足?スニーカーでも音は出ないのでは?(後で釘を踏む展開があったからか)。音に敏感だから音が弱点とか国家レベルで研究者が気づいてもよさそう。そもそもショットガンとか物理攻撃有効?なんだね、じゃあ軍隊はどうしたん?とか。小声で話したり、目の前での呼吸音とかどのくらいまでオーケーなのかまったくわからん、とか。前半に音でびっくりさせる演出いる?(いや、ホラーはそういうもの)とか。直前に予告編を見ていたので怪物がもう「ヴェノム」にしか見えないとか(笑)弱点もほぼ同じだし。※もう一度怪物の画像はコチラ

というような、設定とか細かいことはどーでもいいじゃない。

という心境になれたかどうかで評価も分かれるんでしょうね。乗れたら楽しめますよね。

母の出産時の叫び、花火、父の子供を助ける叫び、ショットガンぶっ放す、という音が出るたびに、音を立てる行為自体のスッキリ感と、呪縛から解き放たれた心のスッキリ感が重なってるという。

母の出産を息子が手助けし、弟と姉が助け合い、父が子供を助け、姉が愛情に気づき、新しい命のため残った家族が団結する。この流れで一人ひとりが心に抱えた「何か」を克服する話になっているんです。すごくないですか?これだけ読んだらヒューマンドラマだよね。でも最後はちゃんと「何か」(怪物)と戦う(笑)

ちなみに父と娘のやり取りは「インターステラー」を思い出しました。あちらは家族と人類の未来を救うという(ぱっと見大きそうな)話でしたが、こちらはもっとミニマムな家族のお話(備忘)

結論

家族を救うのは、父の愛と科学とサバイバル。

あ、子役含めみなさん演技もホント最高でした。

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

それではまた。

※音を立てたら即死系ホラーに興味あれば、ナメてた盲目の老人が実はサイコパスでした映画「ドントブリーズ」とか見てもいんじゃないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です